カラコンの選び方を徹底解説!
カラコンの選び方 > まず初めに > カラコンの着色直径とは

カラコンの着色直径とは

Pocket

着色直径とは

カラコンにはレンズの中心部からフチにかけて着色が施されていますが、その着色部分だけの直径を測った数値が「着色直径」と呼ばれています。

また、着色部分の内側から透明になっている部分を挟み、反対側の着色部分までの長さのことは「着色内径」と呼ぶことが一般的です。

全体の直径を示す用語としてDIAという言葉が使われますが、着色直径の場合にはグラフィックDIA、あるいはグラフィック直径と呼ばれる場合もあります。

DIAがレンズそのものの直径を表していることに対し、着色直径はレンズの大きさとは無関係に、あくまでも着色部分だけの直径を表すことが特徴です。

カラコンは着色部分が大きければ大きいほど瞳を大きく見せる効果を含みますから、着色直径を参考に商品選びを進めるということは極めて重要になります。

着色直径の選び方

まず着色直径の測り方としては、レンズを潰さず、湾曲した状態のままで着色部分の上から下までの直径を計測するということが基本です。

したがって、着色直径さえ分かれば、自分の瞳や目の大きさに当てはめて、カラコン装着後の姿をイメージすることも可能になります。

カラコンを装用した後にどのような印象を与えたいのかによって、着色直径のサイズを選択すると良いでしょう。

ナチュラルに仕上げたいのであれば着色直径が小さいカラコンを、瞳をなるべく大きく見せたいのであれば着色直径が大きいカラコンを選択することがおすすめです。

着色直径のサイズ

現在販売されているカラコンの着色直径は、12.8~14.5mmほどとなっており、そのうちの大多数のレンズは13.2~13.8mmほどの間に収まっています。

とりわけ14.0mm以上の着色直径となると取り扱っているメーカーは極端に減りますが、海外製、特に韓国製のカラコンはこのサイズの取り扱いも豊富です。

初めてカラコンを購入するという方には、不自然さを感じさせず、それでいてカラコンの効果も確実に感じられる13.5mm前後の着色直径のカラコンをおすすめします。